【上原花恋】なんか1人ヨガリなお姉ちゃんです。 – 回避不能!!!追撃型オーガズム地獄 vol.1 上原花恋

回避不能!!!追撃型オーガズム地獄 vol.1 上原花恋

ギャル雑誌の撮影でスタジオを訪れたカリスマモデル花恋は、いつものように明るくスタッフに振る舞い、撮影をこなしていた。

撮影中に貧血で意識を失った花恋が目を覚ますと、身動きがとれないほどに全身が拘束されていた。

襲いかかる男たちに対し気丈に抵抗するが、ツボを心得た快楽責めに為す術もなく、何度もアクメを迎えてしまうのであった…。

「回避不能!!!追撃型オーガズム地獄 vol.1 上原花恋」の本編動画はこちらから

女優名: 上原花恋

カメラ最低~

生人形地獄逝きの新シリーズ?って感じのギャル系キャスト。

上原花恋は結構肉感の美人黒ギャル。

カメラは最近見た中で最低レベル。

シーン1,立ち拘束。

お馴染の暴言シーン。

失禁あり。

シーン2,バック拘束。

豆ローター複数入れての電マ~+バイブ他。

腰ガクガクで感じる姿は良いが、ここ98%は後ろから撮ってて顔が全くってほど映ってない。

横から一瞬撮るが、髪で顔隠れてるよw。

シーン3,平面台。

電マの押し当て方が中々凶悪~+AT電マで20分ぐらいはネチネチと責める。

イキまくり。

相変わらずここも股間を引いた位置からのカメラで最悪。

シーン4,開脚台。

ここも相変わらずの下からカメラ。

ん~徹底してるのか?。

責め自体は良いと思う、確かにウネル下半身はエロイが、折角の美人がアヘって痙攣してるのにモッタイ無いよ。

髪も掻き揚げない棒立ち男もイラつく。

女優は拘束されてるんだから。

上原花恋でダスッあたりで期待~。

単調

タイトルほど過激さを感じない作品。

女優もそれほど反応が良いわけではなく、徐々に感度が上がる印象。

最後のSEXシーンなんか馬乗りで上から目線でひたすら腰を振るので、正直最終的に女が男を責めている感じになってしまっている。

結局は女を追い詰めるほどの責めは出来てなかったという事だと思う。

なんか1人ヨガリなお姉ちゃんです。

なんか導入部の嫌がり方も途中からのイキ方も1人よがりな感じでけっこううるさくて、私としてはイマニな感じでした。

「回避不能!!!追撃型オーガズム地獄 vol.1 上原花恋」の本編動画はこちらから