【川上ゆう(森野雫)】羞恥陵●ものとしてハイレベル – 濡れ嫁・羞恥介護 〜義父の柔肌調教〜 川上ゆう

濡れ嫁・羞恥介護 〜義父の柔肌調教〜 川上ゆう

ゆうの父親の工場が火災を起こし倒産寸前のところを取引先の社長だった達朗が息子の誠とゆうを結婚させる事を条件に融資を申し出る。

仕方なく条件を呑み嫁いできたゆうは、その後体調を崩した達朗の看病と家事をする忙しい生活を送る事になる。

ある日、横暴な性格の誠に難癖を付けられ、ゆうは慰み者にされてしまう。

ぐったり倒れているゆうを達朗が発見し優しく介抱するのだが、その目の奥には淫猥な輝きが宿っていた…。

「濡れ嫁・羞恥介護 〜義父の柔肌調教〜 川上ゆう」の本編動画はこちらから

女優名: 川上ゆう(森野雫)

実父&夫公認のもと、M妻は義父の性奴●に。

義父(めちゃ若!)の介護をする妻。

幼い顔立ちにむっちりとした肉体がエロい!父親を助ける為に嫁入りしたが夫は…。

身体の疼きに耐え切れず自慰、覗く義父。

おしめ交換。

なんと!勃起している義父。

おずおずと手を硬化した肉棒に伸ばし拭き清めていく。

疲れ果てた妻を夫は縛りあげ嬲る。

何度も追い上げられる。

しかし愛はない。

命じられるまま騎乗位で腰を振る。

ただ単に蹂躙され絶頂させられていく妻…。

(ほくそ笑む義父)「少しは年寄りを楽しませろ」。

正体を現した義父に胸を股間を嬲られ海千山千のテクで何度も往かされる…。

会長である義父の策略。

解雇された?社員二人が妻を襲う。

手荒く嬲られ昇天させられていく。

義父の仕上げの調教。

杖で股間を嬲られ喘ぐ。

(身体を支配された…。

)眼前で放尿。

しつこい嬲りを懸命に受け入れ悶え狂っていく。

「お義父様…。

」心まで受け入れ奴●介護へ。

おしっこ最高!

お庭でのワンちゃんスタイルおしっこが最高です。

また、その時のゆう嬢の恥ずかしい表情がたまりません。

全体を通して、非常に良かったですが、3P嫌いの私にとって、3Pシーンを別のシーンにして頂くともっと良かったと思います。

しっとりして、ねっちりですね

川上ゆうさんは、しっとりとして、ねっちりした演技の女優さんですね。

作品は、まあまあの内容です。

ラストシーンがちょっと短い気がしました。

折角手に入れた嫁をもう少し味わう場面が長くても良いと思いました。

川上ゆうさんの演技力はなかなかのモンです。

抜けました。

義父は日比野、息子は笹木という豪華(?)キャスト

3000Kbps動画、画質、nice。

モザ、まあまあ。

笹木、いつもの(?)いい味、出しまくり。

ヤラレる、ゆう、本当にエロいな。

ヤラレ顔を見ているだけで、私の凸はビンビン。

庭での義父のいたぶり、エロいです。

このシリーズで義父役をよくやってる栗原とskinheadミートボールのレ●プ、エロいです。

仕上げ。

杖の凹への挿入、エロいです。

文句なしの「5」です。

ヤラレ顔なら天下一品!

それ程美人ではないが、ヤラレ顔ならどの女優にも負けない表情を見せる川上ゆう。

顔が普通なのでその分表情で抜ける貴重な女優です。

細切れカット!

見始めは物語的にジックリとシッポリ見せる介護と調教物かと思いきや夫役との横暴セックス、わけのワカラン元社員との暴力3P、庭での放尿(ほんの数秒)等かなりハードな内容です。

ゆうさんのM性が良く出ていて特にラストの日比やんとの心(?)の通いあったXXは良いでした。

大人の色気最高

こんなに興奮したの久ぶり全シーンあっと言う間に見終えた日比野も上手くじいさん役を演じてるし体も小田切阪本みたいにみにくくないから川上の妖艶さが引き立つ

羞恥陵●ものとしてハイレベル

同じメーカーから出ている「義父に犯●れて」があまりにもぬるい内容だったのを補うかのように、川上ゆうが男たちのなぐさみものにされる若妻を熱演。

借金と引き換えの、結婚という名の人身売買なので夫とのカラミも愛情の一切ない性欲処理のための肉便器扱いなので、マドンナ特有の夫婦のカラミも陵●色が強い。

実際には登場しないが、電話の相手として存在する若妻の父親の、性奴●として売り飛ばすために娘をだます鬼畜っぷりもドラマを盛り上げる。

フィニッシュが胸射だったりとぬるい部分もあるが、この女優の陵●ものとして期待するものは満たしていると言っていいだろう。

「濡れ嫁・羞恥介護 〜義父の柔肌調教〜 川上ゆう」の本編動画はこちらから