【酒井ちなみ(紫葵)】長袖パープル・レオタードはSEXY – 非日常的悶絶遊戯 ダンスレッスン、葵の場合

非日常的悶絶遊戯 ダンスレッスン、葵の場合

とあるスタジオにやってきた女性をソファに座り迎えるインストラクター。

とりあえずレオタードに着替えてもらいレッスンを始めます。

まずはストレッチですが、彼女は結構大胆。

脚を上げたり、腕を上げるポーズをとり、腕の角度や体のラインなどのフォームのチェックをします。

指導しながら薄いレオタードに包まれた彼女の体を触ろうと…。

「非日常的悶絶遊戯 ダンスレッスン、葵の場合」の本編動画はこちらから

女優名: 酒井ちなみ(紫葵)

ショートカットにそそられます

色白でキツ目でショートカットなちなみさんですね。

動画配信は最近ですが、DVDはすでに廃盤になる位古いものです。

紫葵と名乗っていたデビュー当時でも存在感が十分過ぎるほどありますね。

どちらかというとスレンダータイプですがレオタードがよく似合っています。

プレイは本番一回フェラ抜き一回と収録時間にしては少ない気がします。

ですから評価を1ランク下げさせてもらいました。

最高です

スタイル、お顔も、キレキレのちなみさんが拝める作品。

レオタードが卑猥なぐらい、よく似合っています。

動画購入。

ラストの映像パーツがないと思えば・・・本編の次にありました。

ちなみさんの「痴女フェラ」もあって最高です。

長袖パープル・レオタードはSEXY

モデルのちなみさんはパープルのレオタード姿が一番映えていた。

何とも言えぬ色気が漂っていた。

このコスチュームで色々なシチュエーションが見たかったなぁ。

例えば、もっとストレッチシーンを長く見せるとか、そのまま体を触りながらレオタードの上からマッサージするとかしたらさらに良かったと思うね。

 七分袖の柴レオタードは後の黄色や薄青のレオタードより遥かに大人のエロスを感じさせてくれた。

むしろ赤のレオタードを着て欲しかった。

 パンストの線を強調して見せる着せ方は私には単なるエログロ趣味。

あとカメラワークが下手すぎる。

やたらとブレながら接写しすぎる。

 もう少し体の全体像をみせてからゆっくりアップしたり引いたりすれば、楽しめたのに。

 絡みシーンは私にはどうでもよかった。

「非日常的悶絶遊戯 ダンスレッスン、葵の場合」の本編動画はこちらから