【池内みわ】未亡人という役回りは非常にあった顔だと思います。 – 帰省先で義弟に陥れられた若妻 池内みわ

帰省先で義弟に陥れられた若妻 池内みわ

八月の猛暑の中、旦那幸一の実家に帰省するみわ。

義理の弟である一真は兄の幸一を僻んでいた。

一真はネットで、義理の姉みわをレ●プしてくれるよう募集をかけ、みわを不幸へと導き出す。

不幸の日々を送るみわに突然夫の死が伝えられる。

一真は喪中のみわを励ますとみせかけ、体をまさぐり出すのであった。

「帰省先で義弟に陥れられた若妻 池内みわ」の本編動画はこちらから

女優名: 池内みわ

池内みわ≒煌芽木ひかる

髪型ひとつで印象変わるもので、若妻役が思いのほか似合ってる。

シナリオのデキはかなり微妙、義弟の姦計がちょっと度を過ぎてる。

最初の輪●はともかく、さすがに兄殺しはやりすぎ。

Cherishにそこまでの暴虐は求めてないよ。

それと、喪に服してる中で夫を殺した男に犯●れようとしてるんだから堕ちるにしてももうちょっと抵抗してくれないと興醒めするよ。

寂しさに付け込まれてつい和姦・・・その途中で義弟が自白したほうが心は拒んでも体が受け入れてしまう流れはスッキリしたと思う。

ただ絡みそのものは素晴らしい。

敏感な反応と張りのいいおっぱいにきれいなピンク乳首。

喘ぎ声も抑揚が利いてるしとろんとした目がまたいい。

そんな放心状態からじっくりピストン、未亡人完堕ち。

弱みを握られ合意の上でしぶしぶ体を許すようなシナリオのほうが女優の持ち味が活きると思う。

未亡人という役回りは非常にあった顔だと思います。

1回目は全裸で4P、バック挿入、騎乗位、正常位、立ちバック、正常位で1人目が腹射、続いて2人目も正常位でピストンに軽くビクつき腹射、3人目も正常位で激ピストン後腹射。

2回目は全裸で正常位挿入し、始めはゆっくりと深く出し入れするのに体をビクつかせ、段々と早くピストンして色っぽい喘ぎ声を出して対面座位へ続き、騎乗位でのピストンに昇天。

今度は池内みわさんが自分で腰を振り始め男優も負けじとパンパンとピストンを早めて痙攣、バック、正常位で激しいピストンに息も絶え絶えになり胸射。

パッケージどおり強気な雰囲気が出ており、それを複数の男優が入れ替わり立ち替わり挿入していく様は良い。

まだまだ新人の枠を出ませんのでハードさは期待しない方が良いです。

少しおっぱいが硬そうかなと思いましたが形は良く乳輪も丁度良い大きさで私は顔もスタイルも好きです。

「帰省先で義弟に陥れられた若妻 池内みわ」の本編動画はこちらから