【七海ひさ代】適役、はまり役、野外が良い! – 未亡人作家はバイブ中毒。七海ひさ代

未亡人作家はバイブ中毒。七海ひさ代

ひとり息子と暮らす未亡人ひさ代は、人気・実力共に高い女流作家で、出版社から連載のオファーが殺到していた。

しかしひさ代は自分を安売りせず、断っていた。

そんなある日、熱心な編集者が、ひさ代はバイブ依存症で変態的オナニーを日課にしていることを突き止める。

編集者に強請られ、真正マゾと見抜かれ、性奴●に転落したひさ代は、男達に積年の願望を告白した。

「私と最愛の息子の近親相姦をお膳立てしてほしい」と―――。

【※画像・音声に多少の乱れがあります】

「未亡人作家はバイブ中毒。七海ひさ代」の本編動画はこちらから

女優名: 七海ひさ代

美熟AV女優

女流作家に扮した美熟AV女優,七海ひさ代。

演技力はあります。

スレンダーなボディーは性欲の塊で,日々,激しいバイブオナニーで自身を慰めている。

そんなオ○ンコは,ド強く性育している。

なので,チ○ポで犯●れても,屈せず,オナニー以上にイキまくり,潮も噴く。

お口も強烈なイラマにも屈しない。

さらに,3Pでの2穴同時ファックも,見事に適応している。

ひさ代の穴,いいわ!!

適役、はまり役、野外が良い!

七海ひさ代ファン、その中でも彼女の自慰ファンにはたまらない本編。

バイブ自慰もあるが、バイブを使っての口淫、フェラファンにもとっておきのシーンばかり。

凌●シーンも随所に。

主たる男優は3名いるが、男優四条の他2名はすべてにおいて中途半端。

カラミ、凌●、ついでに何故かここに無理クリとも言える近親ドラマ展開を入れたことも蛇足。

無駄。

七海さんの演技が上手いほど、男優2名の情けなさが動きや台詞にまで影響している。

七海さんにここまでの凌●、過激なシーンを求め、かなり早い段階から七海さんの独壇場。

やるしかない!的な。

一人で頑張るしかない。

無理に息子などを出し、メーカーの盛り込み手当たり次第にやり過ぎ。

そんな必要はなくいくらでも見せ場を作れる女優さんなのにかなりの残念要素。

本物の陽射しに臨場感のある七海さんは自然光に益々美しい。

男優数名には目をつぶって七海さんに★★★★★

「未亡人作家はバイブ中毒。七海ひさ代」の本編動画はこちらから