【野宮さとみ】ぜんぜんよくない。 – 抱きしめたくなる清純Fカップの制服美少女 野宮さとみ

抱きしめたくなる清純Fカップの制服美少女 野宮さとみ

出席番号5番 陸上部 野宮さとみ Fカップ。

そのたわわに実ったFカップと敏感でやわらかい白い柔肌。

すがるような目で見つめられると思わずギュッと抱きしめたくなる。

むしゃぶりつくようにその巨乳を揉みしだき、好きなように肉棒を挿入する。

それでも彼女は快感の吐息を漏らし、中出しで果てていく…。

Fカップ美少女をハメまくる。

「抱きしめたくなる清純Fカップの制服美少女 野宮さとみ」の本編動画はこちらから

女優名: 野宮さとみ

男にまみれていないように見えて実はエロイ娘さんの典型。

この女優さんのドリチケさんの制服ものがよかったのでこちらも拝見しました。

いつものこのメーカーさんの劣悪な画質、撮りですが女優さんの反応が素晴らしく、男の指入れ、電マ竿の出し入れだけで、十分女優さんの魅力を味わえます。

画質が画質だけに、女優さんのお肌のつやや、質感などは楽しめませんし良いアングルなどひとつもありません。

ですが、この女優さんは非常に固いというか真面目そうなので変にコスプレとか、恋人主観ものとかだと、ずっこけるので本作のような予算から撮りまで、シンプルすぎる作品のほうがずっと映えるとおもいます。

Good!!

カワイイし色気も有るし、応援してます。

これからにも期待です。

大当り

胸だけじゃなくお尻もしっかり撮っていて彼女の魅力が凝縮されてます。

最後は中出し、名作です。

幼い顔に似合わぬ熟れ過ぎた身体がイケない欲望を刺激する

こういうのは人によるかもしれませんが、私が10代の女の子に一番ムラムラ来るのは、顔は幼いのに身体だけ成熟した子がミニスカートでムチムチした太ももを見せつけてきたりしたとき。

この場合顔と身体のアンバランスさがポイントで、顔も身体も幼い子とか、顔も身体も成熟してる子とかは、(もちろんそれはそれで魅力はありますが)別ジャンルになります。

ところが、最近の若い子はどうもスレンダーすぎてイマイチそういう欲望を刺激しません。

微妙に体脂肪が多すぎるぐらいがいいので、それが醜い肥満でなくはち切れそうな魅力として感じられるのが若さの特権なわけです。

そういう意味で、この女優さんは幼ない顔と成熟した身体のアンバランスさが絶妙で、私なんかの背徳的なイケない妄想をそのまま具現化したような女優さんです。

また、こういうジャンルの場合には、女優さんがあまり派手に大声を出して感じてる演技をするとかえって萎えてしまうものですが、このメーカーさんは制服物を専門としてるだけあって、そのへんの匙加減も上手です。

特にこの作品の場合、セックスシーンだけでなく、パート2のオナニーのシーンもよくできていて、裸でなく下着を付けたままオナニーをしているので、ホントに若い子が一人でこっそりしているオナニーを覗き見ているようなドキドキ感があります。

ぜんぜんよくない。

ぜんぜんよくない。

何がいいのか、わからない。

抜きどころがないし、顔も内容も最悪。

二度とこの女優のは絶対見ない。

「抱きしめたくなる清純Fカップの制服美少女 野宮さとみ」の本編動画はこちらから