【加納綾子】そこそこ期待通りの作品 – 女体拷問研究所 THE THIRD JUDAS(ユダ)Episode-2 憤死寸前!発狂快楽漬けの女 加納綾子

女体拷問研究所 THE THIRD JUDAS(ユダ)Episode-2 憤死寸前!発狂快楽漬けの女 加納綾子

遂に再開する男と女の快楽戦争!復活した辻丸率いる女体拷問研究所。

新しい淫具、拷問方法などを取り入れ新たな残忍メソッドを実践しようといていた。

NSI(国家安全捜査局)所属の捜査官、明日香メグミは友人である月岡智美が女研の手に落ちたことを知り、単独で捜査を開始していた。

「鬼のメグミ」そして「マンイーター(男喰い)」として知られるSEXの猛者であるメグミ、女研に狙われるのは時間の問題だった。

「女体拷問研究所 THE THIRD JUDAS(ユダ)Episode-2 憤死寸前!発狂快楽漬けの女 加納綾子」の本編動画はこちらから

女優名: 加納綾子

久々に

真咲南朋がオトコと絡むのを見てみたくなった!レズモノばかりではなく、絶頂期のように男とSEXしてイキまくってほしい!

後半はスチル写真の域

綺麗な女優ですね。

汚さやいやらしさが無くなってしまって、カストリの目的から外れてしまいましたね。

猥雑さも作品には必要かも知れませんよ。

でも、すごく興奮する作品ですね。

飽きた!

高評価が多かった?んで衝動買いしてしまった。

まだこの女優さんなら、Baby前作品のハイパーデリシャスアワビの方が良かったんじゃないかな?責め方もエグかったし、堕ちた後の淫語もハンパ無かったような気がする。

それになあ、なんか飽きた!ただのオバサンをフツーに縛って、テキトーにデンマやバイブやドリルバイブで責め、仕上げに縛った縄の痕がついたオバサンの女体とSEXする?このメーカーの作品。

何年か前にBaby作品と初遭遇した時のドキドキ感ワクワク感はドコへやら。

まさかこんな女優さんが!とか、オバサンでもエグい責め方するとか新鮮味が欲しいんだよなぁ。

江波りゅうに期待したんやけど見事に期待外れだった!小口田桂子は変な方向に行き過ぎた!最近のBabyって全てが中途半端な気がする。

すばらしい

加納綾子さん・・いいね!全裸の緊縛が多いから、彼女のカラダを十分見られるし、2穴責めなどもあって迫力十分。

すばらしい出来である。

特になし

特筆すべき点がない、普遍的な作品。

前作の方がインパクトはあった。

今作品は全作品で見られたものをまた見ることになるため、インパクトは薄い。

変わった責めもなく、全てが予想通りの内容。

素晴らしいがマシンでは役不足!

加納綾子の淫乱ぶりは今のAV界No.1ではないでしょうか。

一見同じマンションにいそうなルックスで、とてつもないエロ淫語を放つ加納さんは今後もイチ推しです。

企画モノたけではなく、単体で、例えばヒビノの夫とするより気持ちいい…不倫と接吻と他人のサオ赤裸々な人妻の下半身事情3本立て、他の2人をぶっちぎってエロいがフィニッシュが胸射で拍子抜け、ワープの熟シャに出て史上最高のザーメンを路上や某ハンバーガーショップ、身障者用トイレや電車内といった際どい場所で浴びて欲しい。

フェチがぴったり合う

毎回いいですね。

 満足できます。

自分のフェチ感覚とぴったり合う作品、もしくは監督というのはほとんどないですが、この作品は合うね。

その意味では 自分にとって貴重な作品であり、監督もKoolongさんも貴重だ。

いい点は、1)着衣の状態を十分に堪能できる2)フェラが少ない3)和紙を使った点4)カメラワーク。

 女の脚をきれいに撮ってるね。

それと、いい具合にカメラが動いてくれるので 飽きさせない。

セックス場面で カメラが長く固定されると どんな場合でも飽きてしまうのだ。

そういうことがなかった。

さすがだね、職人芸という感じだ。

視聴者の心理を掴んでいる。

残念な点1)和紙を使ったにしては、工夫が足りない。

 わたしが以前見たのでは、和紙を数枚重ねて陰部に貼り、それを濡らす。

和紙が割れ目に吸い付き、割れ目の形が見えた。

2)収録時間が長いせいか、後半がダラダラしている感じがある。

そこそこ期待通りの作品

捜査官かつマンイーターで敏感熟女アナル開発済みの女性をイカセ責め、設定が活かされてるかはともかく、キツメな責めと反応が良好な☆4.5ぐらいの作品。

良い所として、加納綾子が結構美人に撮れてて、快楽堕ちの演技が最終あたりまでない(余裕が無い?)。

立ち拘束の序盤は抵抗しているが明らかに感じているのが分かり、次に長時間のアナル責めでアヘ顔でイク。

平面台での中番は良好。

目は開けてて半白目とより目(演技だったら凄い)で表情も良い。

責めも下腹部、外、中のポルチオ同時責めから、立ちバック拘束で、アナル、中、外と相変わらずの数点責め。

次いで、二穴中責め~長いドリル。

前の平面台のシーン辺りから、目の焦点があってない感じが最終盤まで続く、ファックもイキまくりでなかなか。

最終盤、ケツのアナとかチンポとか言わせる必要は無いような気もするが、延々と責め続けて余裕をなくす感じは良好。

「女体拷問研究所 THE THIRD JUDAS(ユダ)Episode-2 憤死寸前!発狂快楽漬けの女 加納綾子」の本編動画はこちらから