【希志あいの】ほんのちょっと危ない – ちょっと危ない裏道デート〜渋谷編〜 希志あいの

ちょっと危ない裏道デート〜渋谷編〜 希志あいの

‘あいの’とこっそりHな裏道デート♪建物の陰で男を焦らしフェラ抜き!繁華街でノーパンのままトビッコを装着?人通りの多い道でいきなり車を停めてカーセックス!夜の公園では愛撫されてる内に覗きが集まり…ビルの屋上では見せつけるような露出SEX!「誰かに見られるかも」というスリルとタブーを●す快感!‘あいの’のドキドキがリアルに伝わるライブ感覚映像!

「ちょっと危ない裏道デート〜渋谷編〜 希志あいの」の本編動画はこちらから

女優名: 希志あいの

どこが「ちょっと危ない」?

結局、希志あいのは特別待遇、危ない場面は極僅か。

見ているほうがドキドキするようなスリル感は無し。

2階の窓から見せるカラミも所詮は造り手の自己満足。

でもこの人は綺麗だよね。

エロいし、ホントの露出ものが見たい。

言うほど危なくない

希志あいのにしてみれば冒険かもしれないが、最近のAV全般の基準で見ると物足りない。

とびっ子を装着したままノーパンで繁華街散策といっても、程よいところで車に戻ってくるし、窓から上半身を乗り出しながら下半身を電マで責められるプレイにしても2階か3階かの部屋の窓からで、道路とは隔たりすぎ。

結局は車内、室内でのシーンが大半。

もう少し羞恥心を煽り追い込む設定が欲しかった。

素が見え隠れするのが良かった

最初の絡みは車内で、恥ずかしがるのがかわいくフェラの動きも良く、車の吊革につかまりながらの騎乗位が良く、バックでびくついたり、声を抑える仕草や窓から顔を出さないようにするのがかなり良かった。

2回目の絡みはホテルでの3Pで、フェラの具合や騎乗位での挿入部分のアップ、バックでのびくつき、「そこ気持ちいい」といったりとあえぎ具合も良く、お掃除フェラもねっとりとして、良かった。

最後の絡みは屋上で、手を添えないフェラや立った体位がほとんどだけど、駅弁でのびくつきがありなかなか見応えあり。

非常階段でのフェラ抜き、街中でのディープキスもなかなか臨場感があって見応えあった。

全体的に、1回目と2回目の絡みは全裸なのが最近の作品だと少なかったので新鮮で良く、さらにドラマ性がないため、素が見え隠れするのが良かった。

唯一夜のシーンが失敗に終わっていたのが残念。

いろいろとchapterは多いけど

この作品も、アナルにモザなし。

これも納丸仁監督か。

(1) 階段でフェラ。

暗い映像は×。

(2) 車内でトビ、装着。

花岡じったと、散歩。

定番のひとつで、既視感いっぱいだけど…。

変に腰をモジモジさせないのはgood、「産まれそう」はnice。

車内に戻って…。

(3) 車内で小田切と。

「声を殺してSEX」だな。

エロいです。

(4) 窓から顔を出して、黒田と…。

ベッドに移って…あらら、これでオシマイ?(5) スキンヘッド(名前不明)と路上で…。

半端。

(6) 夜、某公園で…。

半端。

(7) じったが覗き役となって、黒田とホテルで…。

覗くだけでは、勿論、ないです。

いいsituationだな。

(8) 屋上で、大沢と…。

大沢のアドリブ(?)、nice。

こういうの、実際に覗きたいです。

あいの、でなくても…。

ほんのちょっと危ない

タイトルどおり、“ちょっと”だけ危ない。

ファンの方ならまずまずな作品だけど、企画モノとしてはあまり期待しないほうがいいかな、と思います。

少しだけハラハラさせられるのは、人通りの多い街中に駐車してのカーセックスぐらいで、あとは中途半端な感じです。

セックスが3回あって、車内、ホテル、ビル屋上、とそれぞれ異なるシチュエーション。

私的には、屋上セックスが良くて『希志あいの』の綺麗なスレンダーボディーが際立ってます。

自然光だからリアルな質感が伝わってきます。

立ちセックスでの、小ぶりでまったく垂れないシンプルな乳房と、まだ少女のようなプルルンっとした小尻がたまりません。

できれば、ジャケ写のような街中での露出が見たかったなぁ。

「ちょっと危ない裏道デート〜渋谷編〜 希志あいの」の本編動画はこちらから