着エロ時代は毛利毬子 – 某私立大学1年 哲学を愛する文学部生 AVデビュー AV女優新世代を発掘します!

某私立大学1年 哲学を愛する文学部生 AVデビュー AV女優新世代を発掘します!

某私立大学1年の文学部生が登場。

徐々に裸にさせられ、スレンダーなカラダをじっくりと刺激され戸惑いながら感じる!本番になれば、濃厚な白濁色の体液をマ○コから垂らし快感に夢中です!公園の公衆トイレで、反り勃ったチ○コを小さい口で咥えこむフェラシーンも必見!学生服姿でピンクローターをクリトリスに充てられれば、痙攣しながら悶えイキ!体位を変えながら打ち込まれ、大きな声で喘ぎまくり!!敏感過ぎる極エロボディです◎

【電子書籍】写真集『AV女優 新世代を発掘します! 2』はこちら!

「某私立大学1年 哲学を愛する文学部生 AVデビュー AV女優新世代を発掘します!」の本編動画はこちらから

マジック炸裂

他の方がおっしゃってますが、パケマジがひどいですね。

素でもそこまで悪くないので弄らなくてもよかったのではと思います。

とはいえ、とくに気になるのはまずは前歯の下端が茶色くなってることと、サンプル画像のように可愛らしい乳首ではなく、すでに焦げ茶で豆乳首なところです。

感度はいいようですから、もう一本見て女優の取捨を決めたいと思います。

普通にやってるだけでいいのに、とっても残念な作品

女優の素なのか演出なのかインタビューで哲学者の名前を羅列する下りからバカ丸出しです。

きっと賢そうに見せるための演出なのかもですが、まったく残念な萎える効果に。

女優の素だったら本当にただの残念な女の子に見えてしまう、でももしそうならそういう所をうまく料理して少しでも魅力的に見せるのが演出の基本だと思うのですが。

普通に可愛い子なのですから、普通に見せてあげればいいのに。

このインタビューでその後の絡みの反応なども全てわざとらしくバカっぽく見えてしまってダメでした。

普通に見たらきっと可愛い子だと思うのでとても残念ですね。

久々に買ってしまった言い訳さえも見つけられない損な作品でした。

スレンダー好きには堪らない体をしているだけに残念!!!

『最高の感度』

なんといっても、彼女の愛の感じ方ではないだろうか。

画面を通してわかるように、男優さんとのからみでは、常に濡れ白い愛液にまみれている。

男優さんと女優さんとのフュージョンがみられる作品だった。

まだまだ、成長する女優さんなので、次回作品でるかわからないが是非期待したい。

びっくりしました

びっくりしましたー。

パッケージの写真と全然違います。

まるで別人です。

奇跡の一枚だったんですね。

すぐに再生やめました。

デビュー物なのでこんなものかと

ほっぺがプックリしていてパッケージよりも丸い印象よりそのあたりに居そうなかんじ娘的にも普通公衆トイレでフェラなんてのはあるがプレイ内容的にはスタンダードな内容

原石を感じる

画像のパケ画では才色兼備でセクシーさが感じられました。

サンプル動画を覗いてみると口を空けてることが多くスタイルもいたって普通で私が頭で描いていたイメージと少しかけはなれ星2個とさしていただきました。

この後でる作品には期待大ですね。

もうちょっと「嫌みったらしい」キャラでもよかった

19歳の現役女子大生「木嶋美羽」のAVデビュー作。

文学部で「哲学」を専攻しているという彼女。

セックスとは「自己と客体の投射と交換である」と得意げに語る美羽嬢は、なんとも嫌みったらしい絵に描いたようなインテリ女子大生。

そんな彼女の「うるさい口」に勃起チ○ポをねじ込み、バックからこれでもかとピストンで突きまくる。

オープニングでの生意気さが嘘のように、すっかり従順になると、華奢な体で必死に男優のセックス相手を務める。

本番後は、思わず涙。

公衆便所でのフ○ラチオ奉仕、バスルームでの競泳水着FUCKを経て、後半は、女子校の制服姿で顔射FUCK。

「哲学系AV女優」というキャラクター設定は実に新鮮であるが、初本番以降は「普通の女の子」になってしまったのがちょっと残念。

着エロ時代は毛利毬子

純系ラビリンス、純系18TEENなどの着エロから名前を変えてAVにデビューですかジャケは全然イメージと違ってますね。

まるで別人です。

プレステージさんちとやりすぎかと感じます。

「某私立大学1年 哲学を愛する文学部生 AVデビュー AV女優新世代を発掘します!」の本編動画はこちらから