【山口菜穂】2人だけのシーンはAV史上最高の評価 – 「そんなに舐め続けられたら私…」夫の部下の舐められ性交に堕ちた上司の奥さん 山口菜穂

「そんなに舐め続けられたら私…」夫の部下の舐められ性交に堕ちた上司の奥さん 山口菜穂

会社の飲み会終わり、部長の家に連れていかれた梅山は、部長の妻・菜穂の清楚な美しさに魅了されてしまう。

その夜、菜穂の肩を揉む機会に恵まれた梅山は彼女の敏感な反応に興奮して思わず首を舐め回し…。

舐められる行為に刺激的な快感を覚えた菜穂は我慢できず自ら身体を差し出し舐めさせる。

どんどん大胆に迫ってくる彼女に驚きつつも、梅山は同僚がいようとお構いなしに彼女の艶やかな肉体を舐めまくって…。

「「そんなに舐め続けられたら私…」夫の部下の舐められ性交に堕ちた上司の奥さん 山口菜穂」の本編動画はこちらから

女優名: 山口菜穂

非常にもったいない

序盤~中盤にかけての描写は非常にリアルで、男性はもちろん、女性も求めるシチュエーションではないでしょうか。

なので「ありうるよな」と感心したものでしたが、終盤はただのAVです。

リアリティーゼロ・・・。

夫の部下が来て、キャミ1枚で対応する若妻に会ってみたい・・・。

そしてその格好で、マッサージさせる女にも。

現実のマグロっぽくて良い

前半は、山口奈穂さんのマグロさが、現実にいる流されやすい女性らしさが出ていて、非常に引き込まれた。

後半は何の文脈もリアリティも無いので、このAVには不要ですね。

そういうのだけ好きな人向けに、別のAVが沢山あります。

菜穂さん

「連続セックス朝生活」の菜穂さんで気に入りこの作品に行き当たりました。

かわいい奥さんが自分から誘いの仕草で迎え入れていく様は、可愛い顔と勃起した乳首で私のチンポを極限状態にしてしまいます。

いい買い物でした。

ふっくらして、ブラ姿がエロいです

山口菜穂サンは以前の作品よりもふっくらした感じで、下着姿、特にブラ姿にソソられました。

同時にドラマよりもドキュメントで見たいですし、SODの時のようにイカせまくったり辱めて欲しいのですが、本作がラストっぽいのが残念です。

山口菜穂美人すぎ! 梅津吉雄、コンピューター園田、橋本誠吾と4P

部下1号の梅津吉雄が山口菜穂を寝取る。

梅津の十八番の激エロいベロチュウに山口菜穂は早速メロメロになる。

リビングで乳首を吸われパンティーに手を突っ込まれると山口菜穂の蒸れ蒸れオマンコはパンティーにいやらしい染みを付ける。

スカートのみ着衣のファックが超エロ。

バックで激しく突かれ逝く山口菜穂。

ここはもっと長時間激しくピストンして山口菜穂を逝かせまくって欲しかった。

フィニッシュは乳射。

その後、山口菜穂は梅津に堕ちる。

部下2号・コンピューター園田と部下3号・橋本誠吾と山口宅を訪れた梅津。

部下3人で寝ているところに山口菜穂が現れ、コンピューター園田と梅津とで3Pに突入。

梅津にオマンコを舐められながらコンピューター園田とベロチュウする山口菜穂。

やがて橋本誠吾も参戦し4Pに!園田と橋本に乳首を舐められ梅津にオマンコを舐められ感じる山口菜穂。

梅津に肉棒を注射され園田のチンポをしゃぶりながら橋本に乳首を舐められる逆ハーレムの山口菜穂。

続いて園田にバックでぶち込まれ、梅津とベロチュウ、下に潜った橋本に乳首を吸われる山口菜穂。

橋本に乳首を吸われながら梅津のチンポをしゃぶり、園田にバックで犯●れる山口菜穂。

今後は橋本に騎乗しながら梅津と園田のチンポを交互にしゃぶる山口菜穂。

橋本に激しく突き上げられイキかける山口菜穂。

園田と橋本に体中弄られながら梅津に立ちバック&片足上げ立ちバックで突かれる山口菜穂。

橋本が乳射、梅津がバックから尻射、園田が顔射してフィニッシュ。

ここは出来れば3連続顔射でザーメンベロチュウして欲しかった。

ピストンがもっと強力ならより興奮出来た。

山口菜穂。

美人過ぎ。

文句なしの星5。

レギュラーとして毎月リリースして欲しい。

うーん・・・

菜穂さん作品の中では、これまでsodから出てた作品も含めて本作が一番いいと思う。

ただ、ストーリー全体に漂うギャグ的要素が強すぎるし、この設定では菜穂さんがあまりにビッチ嫁すぎて私の好みからは外れる。

そもそも不倫物で3Pや4Pすること自体が邪道。

1対1でとことんイカセまくらなきゃ。

そういう意味では前半の梅田だけが相手のうちはまだいいと思うが、不倫をする動機付けとか刹那的なものがないんですよね。

菜穂さんの演技力では辛いかもしれんが・・・

2人だけのシーンはAV史上最高の評価

2人だけのシーンは、可能な限りの公平な評価をこころがけてもなお、AV史上最高の作品と言える。

他の方がコメントしておられた、女性にも受け入れられるという件には共感を持つ。

先ず、山口菜穂さんの情感と佇まい、笑顔の良さを、そして男優さんの懸命さを評価する。

複数プレイの場面は2人だけのシーンに較べれば、ややという気がするものの、丁寧な作りを高く評価する。

2人だけのシーンに比較すればの話であり、一般の他作品群と較べれば高く評価する。

山口菜穂さんは私と妻が観た中でbestofbest。

可能な限りの公平な評価でもbestofbestだ。

自然で、情感と佇まいを備えていることは素晴らしい。

次作を期待する。

次作も今回同様に刺激的な演出を避けて丁寧に。

刺激的な演出は、一過性であり飽きる。

女優さんも短命になる。

山口菜穂さんには長く活躍して戴きたい。

視聴機器と方法の多様化と高精細大画面が進めば、観る側が違いを感じない作品や粗悪作品は淘汰される。

制作側が才能を発揮できる範囲の拡大でもある。

才能が資本力に対抗も出来得る。

山口菜穂さんは資質が既に貴重な違いだ。

この作品に出ておられる男優さんたちは評価できる。

なかでも、主たる男優さんを、特に高く評価する。

Netflix全額出資の国産「FOLLOWERS」は独占190か国配信が決まっている。

製作費も潤沢だ。

資本規模の面で真っ向勝負は無理だ。

DMMがここまで大きくなったのは創業者が人間の道にはずれたことをしなかったからだろう。

成功した創業者にとって誘惑は多い。

極度のわがままも通る。

その環境下で人の道に外れないことは如何に困難か。

どれほど高く評価しても足りない。

そして創業者が東洋経済で仰せの如く自社の社員が世間から色眼鏡で見られないようになさる努力は素晴らしい。

進言をさせて戴く。

経営多角化や起業家への投資よりも原点を大事に。

多角化や投資の原資が、創業者の知らないところで制作費用のカットに繋がる可能性もある。

勿論、起業家支援を否定しているわけでは全くない。

原点重視は結果としてDMM社員が色眼鏡で見られないことにも繋がる。

DMM創業者は、偶然AVで当たっただけと東洋経済で仰せだが、そうである筈もない。

何よりも、人の道に外れることをしないと創業者が仰せのことを評価する。

「「そんなに舐め続けられたら私…」夫の部下の舐められ性交に堕ちた上司の奥さん 山口菜穂」の本編動画はこちらから