【今井夏帆, 悠月アイシャ, 桜庭ひかり, 神谷充希】AVを超越したVRの新境地 – 【VR】女部族ノ交尾儀式VR〜未来繁栄の生贄となった〜【こんなVRが見たい!祭 2019年】

【VR】女部族ノ交尾儀式VR〜未来繁栄の生贄となった〜【こんなVRが見たい!祭 2019年】

【HQ超高画質】【リアルすぎる空間】【ド迫力SEX】とあるジャングルの奥地、女だらけの部族の村に迷い込んだTVクルー!そこは首狩り族ならぬチンカリ族の村だった!精魂尽きるまで男の精子を絞り取る女達!果たして男達は生きてこの村を出ることができるのか!【「どんぐり」様投稿企画!】

※この作品はバイノーラル録音されておりますが、視点移動により音声が連動するものではありません。

「【VR】女部族ノ交尾儀式VR〜未来繁栄の生贄となった〜【こんなVRが見たい!祭 2019年】」の本編動画はこちらから

女優名: 今井夏帆, 悠月アイシャ, 桜庭ひかり, 神谷充希

世界観の再現度が高い!

以前似た系統でアマゾネスVRがあり、あちらは普通に日本語で話していましたが、こちらは「マカ!サー!クーライ!」と完全に部族語で話していて非常に再現度が高かったです!こういうのは演技力が求められるでしょうが、女優さんも上手くワイルドな部族っぽさを表現できていて違和感がなかったです。

女部族に犯●れてる雰囲気が完璧です!みなさん凄いです!特にアイシャさんは顔立ちからも非常に設定にマッチしていて素晴らしかったです!セットの作りこみも凄い。

しかし、リアリティを追求する事は必ずしも全て良く作用するという事でもなく..生贄なので、体位が騎乗位と対面座位だけで言葉も部族語だけの為、プレイが単調な印象は受けるかもしれません。

そして、注意する点は疑似精子で大量に精子が出てきていました。

そこは少しリアリティに欠けるので、気になる人は気になるかと思います。

画質は問題なかったです。

サイズは微妙に巨人化してる感がありましたが、そんなに気にならなかったです。

素晴らしいVRでした!女部族の生贄になりたい方におすすめです!

良く作られている

予想以上に臨場感がありセックスシーンではしっかりヌケる仕様になっていました。

世紀の作品??

アマゾネス感が満載の作品でした。

作品通して部族語で話して、ちんこを奪い合うアマゾネス達がなんともリアルで、アマゾンの奥地にホントにいそう!ナイスバディな女優さんが揃ってて、とってもエロいんだけど、なんだか笑える作品です。

女優さん達は真剣なんだろうけど、よーく見ると所々笑い堪えてるwwここまでやり切ってると、歴史に残る作品になりそう?

面白いが、もうひと工夫ほしかった。

女優が部族になりきって自ら楽しんでいるのが伝わってきて微笑ましかった。

面白かった。

たまにはこういうのもありかも。

今井夏帆は日焼けしたエロい体が女部族にぴったり。

アイデアや作り込みは良いだけに、いきなり騎乗位で始まり単調に物語が進行するのがもったいないと感じた。

せっかくなら捕らえられた生贄として、徐々に衣服をはぎ取られるとか、蝋燭を使った儀式が行われるとか、次第にエロさが増していく演出が欲しかった。

終盤は噴水のように精子がドバドバ出るのはあえての演出だろうか。

もはや性的興奮というよりも笑ってしまった。

AVを超越したVRの新境地

内容は裸の部族に捕まって犯●れる(逆レ●プ)されるというものです。

登場人物部族の長:今井夏帆 最初に主人公を●す。

ベテランといった感じ。

大家族の肝っ玉母ちゃん的なキャラ付けで、若い子が好きなら抜けない。

それでもやはりヤり慣れてる感じがあってエロい気持ちになってしまう。

3姉妹? 若い女の子たち長女:神谷充希 ショートカットでボーイッシュ。

女の子の中では一番立場が強い。

この子もHが上手い。

指につけたツバを飲ませようとしてきたりするのがとてもエロい。

顔は整ってるけど、あまり可愛い顔立ちではないので抜けない。

次女:悠月アイシャ インディアンみたいな顔立ちの子。

野性味が強く、常に目を見開いてて一番獣っぽい。

とにかく本能的で気性もプレイも激しい。

2番目に可愛い。

三女:桜庭ひかり 一番立場が弱い子。

だけど一番若くて可愛い。

本命。

エキストラ:太鼓を叩いたり踊ったりする。

エキストラを除いた登場人物たちに2回ずつ騎乗位で犯●れる。

一人に犯●れてる間も左右で発情した女の子が自慰をしたり舐めてきたり、手を取られて自慰に使われたり、母親が後ろで笑ったり、多人数設定が非常に良く活かされている。

配役、演技指導、セットやエキストラの配置、キャラ設定など一つの作品としてとても拘って丁寧に作られていてきちんと独自の世界観に没入することが出来る。

不満点は一番可愛い三女が他の女優に比べて本気度が足りてない。

VRの撮影中に画面の前に出るのが怖いのはわかるが、この子と貪るようなキスをしたかった。

AVの現場はコンセプトさえ守ればあとはいかに楽に早く作るかっていう風になってないだろうか。

ネットには無料で数えきれない動画が上がっている。

自分が作ってもその中の一部になるだけだ、となれば本気なんて出しても無駄という気持ちになっても仕方あるまい。

しかしVR黎明期である今は本気で作品作りが出来て、評価もされ易い貴重な時期ではないだろうか。

無料DLもされにくい。

AV女優も「女優」という言葉が方便で無くなった。

今までと違う「本物」を求める客が増えるはずだ(私も今までAVを購入したことがない層だ)。

その客に挑むくらいの心意気で傑作VR作品を作ってほしい。

クリエイター、女優の方々に期待していますし、私のお願いでもあります。

「【VR】女部族ノ交尾儀式VR〜未来繁栄の生贄となった〜【こんなVRが見たい!祭 2019年】」の本編動画はこちらから