【希島あいり】いいですよ、これ – 妻の犯したあやまち… 希島あいり

妻の犯したあやまち… 希島あいり

少しでも夫に女として見てもらえるように鏡の前で新しい下着を合わせていたあいり。

そんな彼女の様子を覗き見ながら、恋焦がれる隣家の青年・内村。

ある日あいりは暴走した内村に無理やり貞操を奪われてしまう。

夫は葛藤する妻の様子に目を向けようとせず、彼女は寂しさから自分を抱きたがる隣人を受け入れるようになる。

妻のアヤマチに気付かない夫を送り出し、今日も人妻は不貞の快感に溺れていく…。

「妻の犯したあやまち… 希島あいり」の本編動画はこちらから

女優名: 希島あいり

ゾクゾクします

女心の表現というか、愛おしさを感じさせる演技が絶妙です。

ラブラブ感にもそそられるし、仕草がかわいいですね。

か弱さを感じさせるスレンダーで美しいカラダが、たまりません。

抜きどころ満載でした。

よかったです。

NG?

最後の絡みで監督の「チンチンの先まで」と声が入っていて絡みの詳細は女優任せで無い瞬間。

ちょっとガッカリしましたが全体的に良かったです。

妻の犯したあやまちではない

妻というのは夫から見た目線であり、夫にバレなければ妻の犯した過ちではない。

私の犯した過ちである。

夫にバレるシーンをタイトルから期待してみていたが、普通の不倫もので終わってしまい残念・・・・。

「希島あいり」さんが輝いています!

顔が小っちゃくて、身体は強く抱きしめたら折れちゃいそうに細っこくて、でも大きな潤んだ瞳、小ぶりながら感度抜群の美乳、ミニから伸びる美脚・・全部、大好きです。

イセドン内村との絡みは激しいものでした。

必死の抵抗も空しく冒涜されちゃいますが、夫の無関心に苦悩する”あいり”には強烈な衝撃だったんです。

だって、拒絶してはいたものの、身体の疼きは快楽を目覚めさせ、快感を覚えてさせてしまったんです。

身体に刻み付けられた性の歓びが罪悪感を麻痺させ、夫を裏切るという背徳の官能の高まりで、求められば抱き合ってしまいます。

遂には、自ら肉棒を求める卑猥な女になっちゃいました。

自慰シーンを含めSEXシーンは全て興奮度MAXです!あえて言わせて貰うなら、背徳感はあるけれど、罪悪感に苦悩する部分が、ちょっぴり不足です。

駄目なのに、駄目って分かっているのに、でも身体が卑猥に反応してしまう、あの肉棒を待ち望んでいる淫乱な自分がいる、そんな描写があれば完全に☆5個でした。

いいですよ、これ

ストーリーは、夫に女として見られないヒロインが、ヒロインに恋い焦がれる隣の若者に犯●れて、そこから女の悦びに目覚めてずるずると……というまあはっきり言ってありきたりなものです。

ただ、映像の作りが綺麗なことと、ただ犯●れるだけじゃなく、最後は自ら求めて積極的になって濃厚になるなど、肝心の絡みは良かった作品だったと思います。

一時希島さんの作品は、ただ犯●れるというワンパターンが多かったように思いますが、今回の様な作品の方が、いい意味で魅力が発揮できているんじゃないかな、と思いました。

よかったです。

「妻の犯したあやまち… 希島あいり」の本編動画はこちらから