厳しいようですがこの評価で – SOD役員シリーズ ザ・近親相姦

SOD役員シリーズ ザ・近親相姦

制作会社SODクリエイト作品に不満を抱いている販社ソフト・オン・デマンド役員が企画・制作を行うシリーズ第2弾!!家族の絆を描く重厚なホームドラマと近親相姦が融合!!実際に近親相姦体験のあるキャストを集めたからこそ撮影出来たリアルエロティックドラマ!!父のリストラ、癌を乗り越え、幸福を取り戻した家族を突然現れた強盗が襲う!!近親相姦を見たがる強盗により禁断の扉が開かれる!!

「SOD役員シリーズ ザ・近親相姦」の本編動画はこちらから

本物の近親相姦経験者による「本物ではない近親相姦」

SODグループ役員の企画立案によるスペシャル企画の第2弾。

近親相姦モノが大好きという、店舗事業担当役員氏が「よりリアルな演出」を求めて、「実際に近親相姦を体験した事のあるAV女優(白石優・吉岡奈々子他)」を起用した本物志向の近親相姦ドラマを提案する。

「近親相姦経験者による近親相姦AV」という発想自体は悪くないが、逆を言えば、本作は、「近親相姦経験者を寄せ集めた完全なるフィクション」という事でもある。

そう考えると、かえって「本物親子を装った従来の近親相姦AV」のほうがまだ若干のリアリティーがあるようにも感じる。

結局、近親相姦モノで大切なのは、「観る側の想像力(補完力)」の一語に尽きる。

厳しいようですがこの評価で

かなりのリアリティを謳っている割には演技や設定に粗が見えるので、厳しいようですがこの評価になってしまいます。

許容範囲なのは父&娘でしょうかね。

最後のヘンテコリンな乱交は不要です。

役員さんはもっと頑張りましょう。

「SOD役員シリーズ ザ・近親相姦」の本編動画はこちらから