【桃瀬えみる】荒削りながら、見過ごせない作品 – 私の幸せ終わりですか? 桃瀬えみる

私の幸せ終わりですか? 桃瀬えみる

エミは父の顔を知らずに育ち、14歳のころに母親が再婚した。

その後、母親と死別。

今は義理の父、兄の3人で住んでいる。

しかし義父の経営する工場が借金で閉鎖。

借金を返済したいと思うエミは、友達からバイトに誘われるが…。

「私の幸せ終わりですか? 桃瀬えみる」の本編動画はこちらから

女優名: 桃瀬えみる

変態プレイは見もの

他の方のレビューにもあるように、ストーリー中盤で登場するおっさんの執拗なフェチ攻めは見るに値しますね~、なかなかのものです。

その他は、若い男が取り囲んでオラオラ!とやってしまう輪●で、それなりではあるけれど、特に目新しいことはないです。

良いです。

前の方のレビューにもあるようにキモオヤジのナリキリ、(地なのかも)が凄く良い。

インパクトの薄くなってきた えみるちゃんのレ●プもの、しかもキモオヤジってことで購入したけど大当たりでした。

キモオヤジがえみるちゃんの魅力をひきだしてます。

はじめは大して嫌がってなかったのにベットにいってからの嫌がりようはマジ興奮します。

レ●プの嫌がりではなくマジでキモいのを嫌がってるのが堪らないです。

風呂場での顔面騎位の時間は長くしてもらいたかったです。

キモ男優は他にズラがとれるのを売りにしてる人いるけどアノ人はダメですね。

今回の人のような太って油ぎってる人に美少女が犯●れるの興奮します。

久々に見た えみる作品、えみるちゃんにも頑張ってほしいけどこのキモ男優さんにも活躍してほしです。

荒削りながら、見過ごせない作品

本作の前半には、色々な欠点がある。

桃瀬えみるが、やけに老けて見える。

ストーリーの要になると思われる、家族の造形が変だ。

最初の陵●シーンでの桃瀬の裸体は悪くないが、カメラアングルが悪すぎる。

正直、前半で駄作の烙印を押し、時間の無駄だから、レビューを書くのを中止しようかと思った。

しかし、中盤から印象が一変する。

桃瀬の客になるフェチの親爺(「ギリモザ猥褻痴●麻美ゆま」にも出ている男優。

怪演ぶりが凄くいい)との絡みが、何とも言えぬ良い味を出している。

その後の家族のシーンは、またしても、つまらん、と思わせるが、実はこれがフェイントで、驚愕のラストへとつながる。

途中いくつも不満があり、荒削りな印象は否めないが、面白い。

監督の火吹龍子は、本作がデビュー作のようだ。

この監督、大物になるかもしれない。

「私の幸せ終わりですか? 桃瀬えみる」の本編動画はこちらから