【ジャンタナー松山】最近同じ浣腸映像に飽きている場合見どころ。 – 或る訪日アジア女性の悲劇 ○○国から来た生贄女

或る訪日アジア女性の悲劇 ○○国から来た生贄女

日本人の父を捜すために訪日したミン。

ビザは切れ所持金も底をつくとやむを得ず夜の街へ、だがそこで待ち受けていたのは甘い言葉で女を捕獲する闇の変態クラブの毒蜘蛛たちだった。

つたない日本語で必死に抗うも、変態プレイを拒否すればさらにおぞましい折●が待っていた…。

「或る訪日アジア女性の悲劇 ○○国から来た生贄女」の本編動画はこちらから

女優名: ジャンタナー松山

女優は頑張っていて悪くはなかったが・・・

監督は川村慎一でSM作品を多く作ってはいるが、まあ普通程度の作品だった。

良かった点は、浣腸・排泄の場面と、熱湯(蝋入り)かけの場面だ。

ただ残念なのは「蝋が薄すぎて」何度も何度も何度も浴びせないと見栄えが悪い点だった。

かける男優も苦労したのではないかと想像できた。

まず個人的に好きでは無いのが「着衣のままでの緊縛(拘束)だ」。

序盤では流れ上許せる事もあるが、この作品では中盤でもそれが続いた。

あと序盤では「お金の為に」のはずだったが、いつの間にか「奴●」のようになっている。

「パイパンアスリート」と同じ展開で、登場する男性2名が交互に個人プレイを繰り返している。

交互にする事に関しての批判では無く、縄師が同じで2名の必要性が無い。

例えば緊縛と拘束具(枷、テープなど)などプレイ以外でもメリハリがほしかった。

他作品ではプレイもほぼ同じような物のあるが、それよりはマシだ。

疑問点で、前手枷拘束でボールに入った食べ物を床に置かれたら・・・普通は手で持って食べると思うが、違った。

やはり脚本通りだった。

なら「後手にしろ」。

浣腸時だけ床一面にシートを準備する。

いい加減やめてほしい。

するならコンクリート上は風呂場や庭を使えと言いたいし、シートを敷くならもっと丁寧に解らないように敷き、雑にシワシワで敷くな。

最近同じ浣腸映像に飽きている場合見どころ。

最近同じ浣腸映像に飽きている場合見どころ。

風変わりな浣腸表情も抜群。

生のお尻にポイント。

残りは通常のSM。

女優も声がちょっとかかる。

残りは通常のシネマジック。

「或る訪日アジア女性の悲劇 ○○国から来た生贄女」の本編動画はこちらから