【亜弓つばさ, 桐原あずさ(伊藤あずさ), 若林もも, 真白希実】衣装と設定を変えたオムニバス作品 – 禁断の扉

禁断の扉

#1「美女×女子校生」ホテルの一室で、女子校生を味わい尽くします。

#2「女社長×女優×モデル」女優になりたいというモデルに度胸試しと称し奉仕させます。

#3「先輩OL×後輩OL」お風呂で、憧れの先輩OLの体を洗いながら堪能していきます。

#4「OLカップル×先輩OL」レズカップルのエッチを覗いてしまった先輩OLを誘って、3P。

#5「奥様×奥様」奥様を旦那が寝ている隙にキッチンで食べちゃいます。

【※特典映像・特典画像等は収録されておりません】

「禁断の扉」の本編動画はこちらから

女優名: 亜弓つばさ, 桐原あずさ(伊藤あずさ), 若林もも, 真白希実

この路線は成功するか否か

作品内容はライナーが詳細なので参考にして頂くとして、チャプターごとにシチュエーションが決められていて、キャストが入れ替わる。

長く続くAUDAZのこのシリーズ、個人的にはシチュエーションが変わらない方が良いと思っている。

1つのテーマで出演者が総当りになる方が確実に印象に残るし、それが得意なメーカーさんだと思う。

本作もそれぞれの内容は良いのだが、オムニバス作品のように感じてしまい、女優さんの印象が弱くなる気がした。

逆に、最初は強烈なタチを演じて次に初レズを経験するネコ的な役になっての変化が見られるのは利点だろう。

最近のリリースを見るとこの禁断の扉シリーズが続くようだが、その内容がどう展開していくかを見届けたい。

くれぐれも毎回総集編のようにならないで欲しいし、実力ある好きなメーカーなので期待を大きく持ちたい。

【10点評価】 総合6・画質7・女優6 [データ]本編130分・16:9映像

拍子抜け

桐原あずさが出てたにしてはあまり良くなかった。

2つ目の3人のプレイがそこそこ。

バスルームのシーンは興味がないのでそそられるものがなかったし。

シチュエーションは悪くないからもう一歩踏み出してほしい。

衣装と設定を変えたオムニバス作品

総集編かと思ったら、女優4人が、いろいろなコスチュームとシチュエーションで絡んでいるんですね。

シーンは全部で5つ。

1.女子校生を買ったマダムが、嫌がる女子校生をレズ。

2.社長と秘書が、独り立ちしようとする後輩をレズ。

3P・3.温泉で混浴レズ。

4.キッチンで人妻同士でレズ。

5.前半は浴衣でのレズ・後半に先輩が無理矢理乱入させられ、3Pになる。

シーン1の女子校生は、ちょっと無理があった。

個人的には、シーン5の浴衣レズが一番良かったかな。

どの絡みも、それなりに楽しめました。

「禁断の扉」の本編動画はこちらから