タイトル通りの展開は最初の一人だけ – 「私のカラダを好きにしていいから息子をイジメないで…」ただ輪●されたいだけなのに、イジメに遭っている息子を守る為だと偽り真っ昼間の自宅に息子の同級生を呼び出し若者チ●ポ輪●を楽しむ淫乱巨乳母!!

「私のカラダを好きにしていいから息子をイジメないで…」ただ輪●されたいだけなのに、イジメに遭っている息子を守る為だと偽り真っ昼間の自宅に息子の同級生を呼び出し若者チ●ポ輪●を楽しむ淫乱巨乳母!!

「これ以上息子をイジメないで!私のカラダを好きにしていいから!」真昼間に息子の同級生を自宅に招き入れ自らの身体をイジメっ子達へ差し出すが、息子へのイジメを止めさせるというのは口実で、実は若いチ●ポに輪●されることが狙い!念願の若者チ●ポ輪●に巨乳を揺らしまくって喘ぎまくり淫乱に欲求不満を解消する母!

「「私のカラダを好きにしていいから息子をイジメないで…」ただ輪●されたいだけなのに、イジメに遭っている息子を守る為だと偽り真っ昼間の自宅に息子の同級生を呼び出し若者チ●ポ輪●を楽しむ淫乱巨乳母!!」の本編動画はこちらから

タイトルあまり関係なし

全部で女優4人出てきますが、タイトル通りの感じのが最初の一人だけで2人目以降はなし崩し的にセックスという感じで淫乱感はなかったですねあとイジメっ子が全然イジメっ子ぽくない(というか見た目的にイジメられる側)呼び出されて並んで正座するイジメっ子達ってアンタあと設定というか、背景というか、そういうのを重視する人は合わないと思います個人的にはそういう描写は別にいらないといえばいらないので構わないのですが1人目最初に書きましたが、唯一タイトル通りのシチュエーションっぽいのがこの人私の体を好きにしていいからと自ら提案しますが、イジメっ子達が全くイジメっ子ぽくないので欲求不満おばさんの童貞狩りみたいになってます私を好きにしていいから・・・と何度も言ってたのがちょっと面白かったです2人目~4人目すいません、まとめます同じような内容ですので一転してイジメっ子側がセックスに持ち込んで、ただまぁ何となく進行みたいな感じです輪●とあるほど激しいわけでもなく凌●っぽい要素もなく、これただの4Pじゃねというのが感想ですあ、巨乳母というのはタイトル通りですね

もう少し臨場感が…

少しストーリー展開に違和感を感じた。

息子とのカラミもあれば良かった。

1本のストーリーもの

登場人物である男優は同一であり、オムニバスではなく最初から最後までストーリーものとして一貫している。

最初の母はタイトルどおりな感じで、私のことを犯していいから息子をいじめないでという変態マゾ母。

男たちのほうが「僕たちそんな気ありません」って感じで腰が引けており、女のペースで「さあ、私を犯しなさい!」って感じでカラミが進む。

カラミが終わってすぐフェイドアウトなのは微妙。

2人目以降は、女を輪●することに味をしめた悪ガキどもが、いじめないことを条件にして友母を玩具にしていく流れ。

2人目だとあわよくば犯しちゃおうって感じで拒まれたら撤退しそうなおそるおそる感があるのだが、3人目4人目と進むにつれ大胆に強引になっていき、4人目では息子に見せつけながらレ●プ。

タイトルに一番近いのは1人目だが、2人目以降も犯●れてるのは息子を守るためと言い訳しながら受け入れてる感じはタイトルに反しているわけではない。

脚本や演出にこだわりが感じられて個人的にはなかなかの高評価。

橘優花さん目的でしたが

脚本がダメダメで、ちぐはぐな進行。

あれでは、女優さんが大根役者に見えてしまいますから、かわいそうです。

からみの流れも含めて、あまりに酷い脚本で、マイナス評価となりました

橘優花(1人目)/西条沙羅(4人目)。

タイトル通りの展開は最初の一人だけ

二人目以降は最初から大した抵抗も無しになし崩し的に輪●させるのが×個人的には、最初は息子がいない状況で同級生たちにヤラれている母親だが、あとで息子がやって来て息子の目の前でヤラれまくり、やがて息子が同級生たちに母親へブチ込むことを強●され母親へ挿入。

息子のチ〇ポで喘ぐ母親を見てあざ笑う同級生たちが、息子に母親への中出しを命令。

同級生たちは外出し(顔射、口内、尻など)だったのに…母親は危険日だから中はやめてと息子に懇願するが、息子は母親のマ○コが気持ち良すぎてピストンをやめられず、仕舞には我慢できずにガッツリ中出ししてしまう。

同級生が気の弱い息子の母親を●す展開はよくあるが、息子に母親との交尾を命令され中出ししてしまうパターンが見たい。

「「私のカラダを好きにしていいから息子をイジメないで…」ただ輪●されたいだけなのに、イジメに遭っている息子を守る為だと偽り真っ昼間の自宅に息子の同級生を呼び出し若者チ●ポ輪●を楽しむ淫乱巨乳母!!」の本編動画はこちらから