【一条綺美香】熟女ファンとしては嬉しいけれど – 【VR】同窓会で再会した人妻とホテルで逢引き 一条綺美香

【VR】同窓会で再会した人妻とホテルで逢引き 一条綺美香

同窓会の途中で抜けてきた二人はホテルにチェックイン。

学生の頃好きだった男性に会った奥さんは、自らキスを求め…。

「【VR】同窓会で再会した人妻とホテルで逢引き 一条綺美香」の本編動画はこちらから

女優名: 一条綺美香

改善の期待を込めて

監督も脚本も3Dという言葉に縛られてしまってベッドの上での騎乗位スタイルを延々と続けるアホな作品。

せっかく女優さんが良いのだからもっと工夫すべき。

3Dの良さがリアルな日常である。

一条さんの洋服姿を街中から追うべきである。

そして服を脱ぐところをじっくりと立体で味わわせるべき。

立体で味わうべきはまずは乳房である。

もっと乳房、乳首の立体感を愛でるべき。

そしてヒップ。

それは決して肛門ではなく背中からヒップにかけての立体感である。

それを愛でずに何のための3Dか。

入れてしまった後にいくら騎乗位で喘いでも、そのシーンでは2Dの高精細に負けるよ。

もっと

こういう設定がある寝取られ、泥●ものがVRの発展を促すのではと思う。

難しいかもだが、居酒屋のシーン、街の中での口説きのシーン、ホテルへ入るシーンなども追加されて行くと相当な臨場感で大変なことになるのではと思う。

口説く本人ではなくて、それを見てる通りがかりの視点で良いと思う。

例えば寝取られる側の夫の視点など。

そのあとはホテルの中で透明人間的な視点、クローゼットの中からのぞいてる視点、もしくは寝とっている同級生の視点。

となっても良いのかも

熟女ファンとしては嬉しいけれど

一条さんは特にファンではないですが、熟女モノが少ないので買ってみました。

内容的には悪くはないと思いますが、熟女ならではのイヤラシさが足りない感じがしました。

オナニーを見せつけたり挑発するポーズを入れてほしかったです。

アテナさんは熟女モノが得意だと思うので、これからも濃厚な作品を期待しています。

「【VR】同窓会で再会した人妻とホテルで逢引き 一条綺美香」の本編動画はこちらから