【立花さや】ショートカットが似合う – 獣たちの性奴●6 立花さや

獣たちの性奴●6 立花さや

人気急上昇の新人女優・沙也加(立花)は、父親が犯罪捜査官という事もあり、暴力団追放キャンペーンに協力するが、鮫島組の策略と父親の部下の裏切りによって、父親と共に拉致監禁され、性奴●に調教されるのだった。

「獣たちの性奴●6 立花さや」の本編動画はこちらから

女優名: 立花さや

状況設定はよいが、ぬるい ショートカット好きなら

川村監督の性奴●シリーズ3と外伝は最高 本作はイマイチさやの父は暴力団の恨みを買っている暴対警察官その部下と暴力団がぐるになり、何の罪もない娘のさやが父の目の前で、やくざの逆恨みによる陰湿な性的暴力でペニスを口、膣にぶちこまれるという素晴らしい作品になるはずが、監督の演出が悪いのか、役者が下手なのか、脚本がイマイチなのか、盛り上がり悪し各シーンが淡泊(この辺 なぎら+後手縛りはうまい)よいシーンは、縛られた父親を立たせてさやに正座フェラで射精させるシーン 娘が相手なのでチンポは垂れているがそれが娘の口でしゃぶられるうち芯が入ってきて最後はうめいて娘の口に射精する最後セクシー下着ダンスのあと父のことを謝罪させられ父の方を見ながらやくざの陰茎をしゃぶらされ口の中に射精されるショートカットの女優は少ないのでそれが犯●れるのが好みの人はまあまあいけるかも

設定が生きてない

拉致してセックス漬けにして解放されないパターンシリーズ3は占拠だったのにワンパターンになっている獣たちが生かされていないなら題名を変えたらいいのに白黒ショーを見せつけるだけだもの

ショートカットが似合う

ショートカットが似合う立花さん!父親のせいで恨まれて拉致監禁されて犯●れまくる立花さん。

父親の前で犯●れたりして、ストーリーは良いのだが、イマイチ!不思議な作品。

「獣たちの性奴●6 立花さや」の本編動画はこちらから