【姫乃瞳, 栗山ゆい】何だこれは? – W浣腸ポンプ責め 羞恥と我慢

W浣腸ポンプ責め 羞恥と我慢

四畳半で繰り広げるリアル調教ドキュメント!ヒロイン役・瞳嬢の見た淫猥な白昼夢。

見知らぬ少女・ゆい嬢も加わりWで浣腸をされる。

苦悶の表情を浮かべる少女達。

エネバルーンでアナルを拡張され、排泄をコントロールする。

乳首責め、鼻責め、電気責め、スパンキング、押入浣腸、ポンプギャグなど、多彩な責めを収録!羞恥と我慢に啼く二匹の奴●調教録!!

「W浣腸ポンプ責め 羞恥と我慢」の本編動画はこちらから

女優名: 姫乃瞳, 栗山ゆい

これはちょっと…

う~ん、とにかく映像が拙い…制約が厳しいのを「四畳半シリーズ」と銘打ったくくりで凌ごうとしたみたいだけど、あまりにも貧相で見ていて悲しくなる。

お金とってるプロの仕事とは思えないなぁ。

それにセル重視なのはわかるけど、もっとやり方あったろうに…これじゃ腹たって絶対買わないし、逆効果じゃないか?ここに書いてある皆さんの意見は正しい。

購入前にレビューを見ておけば良かった。

浣腸好きには良い

浣腸してポンプ責めや、ゴムパンツに排泄など、珍しい浣腸が多い。

ただ、女の反応がウーウ-言うだけでいまいち。

責める方もほとんど無口で、もう少し辱める言葉を言うなり、工夫してほしかった。

画面が暗い

照明が悪いのか、カメラが悪いのか。

画面が暗くて見にくい。

何処かの製作会社が撮ったのをシネブランドでリリースしたのかな。

レンタルなら許せるがセルならハラタツわ。

四畳半SMって何?

う~ん…最後の最後に「続きはセル版を見てね」ですと。

確かにタイトルにあるW浣腸は収録されているけど、その後により濃い内容のセル版予告を入れられてもなあ。

シネマジックもレンタルよりセル版に力を入れるようにシフトしたのか。

しつこく浣腸攻め

栗山ゆいが女子高生で登場して結構いやらしい。

たぶん次回作があるみたいで今回はその序章みたいになってる。

後編のほうがハードそうなのでそっちに期待。

シネマジックさんどうしちゃったんですか?

他の方が書いているように、セル版の予告のような作品です。

小生は比較のためセル版も入手して見ましたが、タイトルのW浣腸に期待される方はがっかりするので買わなくていいと思います。

(他方面では確かに良いシーンもあります)これも他の方が書いていますが、映像的にもがっかりです。

排泄時のお尻や排泄後の状況を絶対にアップで撮らないのは、監督さんのポリシーと思って諦めます。

しかし2人の女優を使って表情も尻も撮りたいのならカメラを複数使ってください。

一生懸命撮ろうとして何も撮れていませんから。

はずかしさがない・・・

道具やプレイはものすごくいいのに、言葉がないって言うか、恥ずかしさみたいなものが伝わってこない。

もうすこし、女優さんの恥ずかしい言葉がほしいです。

みててかなりざんねんでした。

どこを楽しめと?

サンプル画像の場面は全部ります。

スパンキング・ロウソクといったSM要素はありません(セル版ならあるようです)。

浣腸を謳っていますが、浣腸・排泄シーンは1回だけ。

しかも排泄シーンは尻からカメラが移動し見えない。

かといって恥ずかしがるわけでもなく、苦しむわけでもない。

フラストレーション溜まりまくり。

レズ好きなので、レズシーンで堪能しようにも、すぐにペニバンになり、いわゆるレズ責めも少ない。

素材はいいのに、撮り方の悪さが露呈している。

何だこれは?

セル版の予告編かこれは?意味がわからない。

シネマジックは昔はこんなんじゃなかった。

定額とはいえお金を払っているのにばかにしてる。

内容云々の問題です。

「W浣腸ポンプ責め 羞恥と我慢」の本編動画はこちらから